Ubuntu Desktop の Alt + 全角半角(`) で日本語切り替えできるように設定[ショートカット]

2020/02/05,

ショートカット Alt + 全角半角(`) で日本語切り替えできるようにする

最近、英語配列のキーボードに切り替えました。全角半角キーがなく、日本語切り替えがやや不便になってしまいました。

  • 入力ソースの切換は Ctrl + Space ですが、このままだでは2回連打しないと入力ソースが切り替わりません。
  • Visual Studio Code などのショートカットとも被ってしまっている

日本語切り替えをやりやすくするために設定を変更します。

日本語入力に切り替えるショートカットは Alt + 全角半角()` とします。

なお、今回のテクニックは日本語キーボードのユーザーでも応用できます。

Alt + 全角半角(`) で同一アプリケーションのウィンドウ移動を無効化する

デフォルトでは Alt + 全角半角(`) は複数起動している同一アプリケーションの切り替えに割り当てられています。競合してしまうので無効化します。

  • dconf-editor を開きます
  • org/gnome/desktop/wm/keybindings へ移動します
  • switch-group から '<Alt>Above_Tab' を削除
  • switch-group-backward から '<Shift><Alt>Above_Tab' を削除
  • dconf-editor を閉じる
  • 設定が反映されていないのなら、X11を再起動

Alt + 全角半角(`) で入力インプットの切換

  • アプリケーション一覧から[設定]を開く
  • デバイス -> キーボード を開く
  • タイピング-> [次の入力ソースへ切り替える] をクリック
  • Alt + 全角半角()` を入力して登録
  • 設定を閉じる

まとめ

以上、入力インプットの設定切り替えでした。 また入力インプットの切り替えですが、Mozc のプロパティからショートカットを変更して、mozc のモード変更に割り当ててもいいと思います。


Ouvill(おーびる)

この記事は Ouvill(おーびる) が書きました。サイト作成や、ウェブアプリケーション開発、IT 関連の記事執筆のご依頼を賜っております。

ご要件がある方はコンタクトフォームからご連絡ください。

@Ouvill

最新記事