Sass/SCSS 入門

2019/04/15,

CSS 自体は HTML を装飾できて楽しいものです。ですが、スタイルシートは大きくなるにつれ、複雑になり保守性が低下します。プリプロセッサはこの状況を改善します。 CSS にはない、変数や入れ子、継承や CSS を書くことが楽しくなるその他機能を Sass は提供します。

Sass/SCSS とは

公式サイトでは、以下のように書かれています。

Sass is the most mature, stable, and powerful professional grade CSS extension language in the world.

世界でもっとも成熟した、安定した、そして強力なプロフェッショナルグレードの CSS 拡張言語です。

なかなか自信に満ちた宣伝文句ですね。

Sass はコンパイルすることで CSS ファイルを生成します。CSS よりも機能が拡張されており、よりプログラムチックに環境を記述できます。

Sass をインストールする

Sass を解説している日本語記事を見ていると ruby を使ったインストール方法が紹介されています。ですが、いまでは LibSass という Sass エンジンの C/C++ 実装がリリースされています。LibSass を使った wrapper が多数開発されているため、今では ruby をインストールする必要もなく、 node で Sass の実行環境を用意できます。

以下のコマンドでローカル環境に node-sass をインストールできます。

npm install -D node-sass

Sass/SCSS をコンパイルして CSS を生成する

input.scss という SCSS 記法で書かれたファイルは以下のコマンドでコンパイルできます。

npx node-sass input.scss output.css

またはこちらでもできる

npx sass input.scss output.css

‘webpack’ や ‘babel’ でコンパイルを実行することもできます。それについてはまた別の記事で作成します。

webpack と Sass/SCSS の設定 に webpack と SCSS の設定方法を記述しました。

Sass/SCSS ファイルの変更を監視して、即時にコンパイル

--watch オプション を利用することで、Sass/SCSS ファイルの変更を検知し、即時にコンパイルを行うことができます。

npx node-sass --watch input.scss output.css

フォルダの変更を検出する場合、以下のようにします。例では app/sass フォルダの変更を監視し、コンパイル結果の CSS を public/stylesheets に出力します。

npx node-sass --watch app/sass:public/stylesheets

Sass/SCSS 記法

Sass では二つの記法があります。Sass 記法と SCSS 記法です。本記事では CSS と書き方が似ている SCSS 記法で解説します。ファイルの拡張子は *.scss となります。

変数

Sass では変数が使えます。変数の宣言は $ を用います。変数にはフォントの色や種類、その他 CSS の値を格納できます。

$font-stack: Helvetica, sans-serif;
$primary-color: #333;

body {
  font: 100% $font-stack;
  color: $primary-color;
}

変数に値を格納してしまえば、使い回すことも容易になります。サイトのテーマ色等を一括管理できるようになります。

入れ子

HTML が入れ子構造であるように Sass では入れ子で書くことができます。例として、サイトナビゲーションのスタイルを定義を書く場合以下のようになります。

ただし、過度な入れ子構造は可読性を低下させるためご注意ください。

nav {
  ul {
    margin: 0;
    padding: 0;
    list-style: none;
  }

  li {
    display: inline-block;
  }

  a {
    display: block;
    padding: 6px 12px;
    text-decoration: none;
  }
}

ul, li, a 要素が nav の入れ子構造になっています。

Partials ( 分割 )

Sass は 分割して記述することができます。モジュール化することで保守性を向上させます。モジュール化するためにはファイル名を_partial.scss のように、_ (アンダーバー) で始めます。_ がついたファイルは単体では CSS が生成されません。別の Sass ファイルに @import を記述し読み込ませます。

Import

@import を利用することで 複数の Sass をインポートすることができます。

CSS でも @import を利用できます。ですが @import が実行されるたびに、新規の HTTP コネクションを生成します。

Sass の @import では、インポートされたファイルは CSS 生成時に埋め込まれ、単一の CSS を生成します。

// _reset.scss

html,
body,
ul,
ol {
  margin: 0;
  padding: 0;
}
// base.scss

@import "reset";

body {
  font: 100% Helvetica, sans-serif;
  background-color: #efefef;
}

@import するときはファイル拡張子を必要としません。

Mixins

CSS 3 では多数のベンダープレフィックスが存在します。mixin を利用すれば、再利用したい CSS 宣言のグループを作成することができます。mixin に引数を渡すこともできます。ベンダープレフィックスの例を示します。

@mixin transform($property) {
  -webkit-transform: $property;
  -ms-transform: $property;
  transform: $property;
}

.box {
  @include transform(rotate(30deg));
}

mixin を作成するために @mixin と記述し、transform という名前を宣言しています。$property を引数として与えることで、全ての変換に値を与えることができます。作成した mixin を利用するには @include で呼び出します。

継承

Sass では継承が利用可能です。@extend を利用することで CSS のプロパティを簡単に他のセレクターと共有することができます。

例では成功、失敗、警告メッセージを表示する場合を想定しています。%equal-heights のように継承されていない CSS は コンパイル時に生成物に含まれることはありません。

/* This CSS will print because %message-shared is extended. */
%message-shared {
  border: 1px solid #ccc;
  padding: 10px;
  color: #333;
}

// This CSS won't print because %equal-heights is never extended.
%equal-heights {
  display: flex;
  flex-wrap: wrap;
}

.message {
  @extend %message-shared;
}

.success {
  @extend %message-shared;
  border-color: green;
}

.error {
  @extend %message-shared;
  border-color: red;
}

.warning {
  @extend %message-shared;
  border-color: yellow;
}

演算

Sass では+, -, *, /, % のような演算子が利用できます。横幅を計算するときなどに役立ちます。

.container {
  width: 100%;
}

article[role="main"] {
  float: left;
  width: 600px / 960px * 100%;
}

aside[role="complementary"] {
  float: right;
  width: 300px / 960px * 100%;
}

ピクセル値を取得してからパーセンテージに変換するなどといった処理に役立ちます。

参考

Sass: Syntactically Awesome Style Sheets


Ouvill(おーびる)

この記事は Ouvill(おーびる) が書きました。サイト作成や、ウェブアプリケーション開発、IT 関連の記事執筆のご依頼を賜っております。

ご要件がある方はコンタクトフォームからご連絡ください。

@Ouvill

最新記事