Ubuntu で画面を録画する - Kazam

2019/05/15,

デスクトップ画面の録画は何かと便利です。操作方法を示したり、ソフトウェアのプレゼンテーションを作成したり、チュートリアルを作成するのに重宝します。

言葉だけよりも、静止画だけよりも、動きのあるムービーとして示したほうが視覚的にわかりやすいです。

今回は Ubuntu で利用できる Kazam というソフトウェアの紹介です。

Kazam Screencaster

Kazam はシンプルな操作でデスクトップ画面を録画することができるツールです。

kazam

インストールはコマンド一行ででき、導入もシンプルです。

sudo apt install kazam

標準で録画する形式は H264(MP4) となっています。VP8/WebM フォーマットにも対応しており、ネットにあげるための動画を録画するのにも利用できます。

GIF の録画には対応していないので、別途変換ソフトが必要になります。

シンプルで使いやすい UI

シンプルな UI ですが、そのぶん使いやすいです。

  • 1つのスクリーンを録画する「Fullscreen」
  • 接続されているすべてのスクリーンを録画する「All Screen」
  • 特定の Window を録画する「Window」
  • 録画エリアを指定して録画する「Area」

など録画領域を簡単に切り替えることができます。 また、スピーカーの音を録音する、マイクの音を録音するといったことも、チェックボックスのオンオフで切り替えられます。

マウスカーソルの動きも録画できるため、アプリケーションの操作方法を示すのに役に立つでしょう。

まとめ

Ubutnu の画面録画ツール Kazam についてでした。アプリケーションの動作を示すのに、役立つと思います。


Ouvill(おーびる)

この記事は Ouvill(おーびる) が書きました。サイト作成や、ウェブアプリケーション開発、IT 関連の記事執筆のご依頼を賜っております。

ご要件がある方はコンタクトフォームからご連絡ください。

@Ouvill

最新記事