Kubernetes のお勉強

2020/01/07,

kubenetes の環境構築

ubuntu が使えるなら、snap パッケージを利用するのが楽。

kubectl のインストール

sudo snap install kubectl --classic

開発用に Kubernetes のクラスターを用意

ubuntu 環境を利用しているので microk8s を利用する。

https://microk8s.io/

sudo snap install microk8s --classic
sudo microk8s.status --wait-ready
sudo microk8s.enable dns dashboard registry

kubectl でアクセスできるように、microk8s の Config を ~/.kube/config に書き出す。~/.kube/config はKubernetes の認証情報やクラスター情報を格納している。

microk8s.config > $HOME/.kube/config

Kubernetes のダッシュボードにアクセスする

token を取得する

$ token=$(sudo microk8s.kubectl -n kube-system get secret | grep default-token | cut -d " " -f1)
$ sudo microk8s.kubectl -n kube-system describe secret $token

ダッシュボードにアクセスするためのアドレスを取得する。

$ kubectl get services --namespace=kube-system
NAME                        TYPE        CLUSTER-IP       EXTERNAL-IP   PORT(S)                  AGE
dashboard-metrics-scraper   ClusterIP   10.152.183.163   <none>        8000/TCP                 13d
heapster                    ClusterIP   10.152.183.143   <none>        80/TCP                   13d
kube-dns                    ClusterIP   10.152.183.10    <none>        53/UDP,53/TCP,9153/TCP   13d
kubernetes-dashboard        ClusterIP   10.152.183.142   <none>        443/TCP                  13d
monitoring-grafana          ClusterIP   10.152.183.219   <none>        80/TCP                   13d
monitoring-influxdb         ClusterIP   10.152.183.75    <none>        8083/TCP,8086/TCP        13d

今回の場合、ダッシュボードをアクセスするには、https://10.152.183.142/ にアクセスすればよいと分かる。

ただし、ClusterIP なので、ローカルアドレスからしかアクセスできない点に注意。

ダッシュボードにアクセスできたら、取得した Token を利用して認証する。

外部から Kubernetes のダッシュボードにアクセスする場合

ダッシュボードをポートフォワーディングでアクセスできるようにする。

microk8s.kubectl port-forward -n kube-system service/kubernetes-dashboard 10443:443 --address 0.0.0.0

上記のようにすると、ローカルマシンの10443ポートとダッシュボードが結びつく。

なので、ローカルマシンから https://127.0.0.1:10443 にアクセスしたり、外部マシンからhttps://${microk8sを動かしたPCのIP}:10443 でアクセスできる。

Kubernetes でコンテナ作成

リソースファイルを作成

sample-pod.yml(nginx を立ち上げるだけの簡単なもの)

apiVersion: v1
kind: Pod
metadata:
  name: sample-pod
spec:
  containers:
    - name: nginx-container
      image: nginx:1.13

リソースファイルを元にコンテナを立ち上げる。

kubectl create -f sample-pod.yml

リソースファイルを変更した場合、起動中のPODに変更内容を適用する場合、kubectl applyを利用する

kubectl apply -f sample-pod.yml

もし、kubectl apply を行ったときに、クラスター内にリソースが存在しない場合、kubectl create を行ったときのように、リソースを作成してくれる。

なので、基本的にリソースを立ち上げる場合、kubectl apply を利用すればよい。

Kuberntetes でコンテナ削除

kubectl delete を利用する。

kubectl delete -f sample-pod.yml

まとめ

以上、Kubernates のインストールから、簡単なリソースの立ち上げまででした。

参考


Ouvill(おーびる)

この記事は Ouvill(おーびる) が書きました。サイト作成や、ウェブアプリケーション開発、IT 関連の記事執筆のご依頼を賜っております。

ご要件がある方はコンタクトフォームからご連絡ください。

@Ouvill

最新記事